人工歯根や上部体(義歯)の脱落

インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、もしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。

他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、インプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、骨の中にインプラントが埋まらなければ同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。

また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。

インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗のリスクをゼロにすることはできません。

では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体に関わる問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという審美的な問題が起こることもあります。

問題が起こるリスクを軽減するためにも、まず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。

ご存じの通り、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。

確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり医療費を収入から引くサービスを受けられます。

確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が医療費の支払い証明になるのでなくしたら再発行はできないと考え、暦年で申告することになるので、保管しておいてください。

入れ歯や差し歯と比べても利点の多いインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、気に留めておくべきポイントがあります。

それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあるということです。

これは重要な事実です。

インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。

なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかるかもしれません。

せっかくインプラント治療を行ったのに、それから以前と比べて息のニオイが気になるという話も割と少なくないようです。

義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。

これには、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症している可能性も考えられます。

自分もそうかも、と思った方は、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。

皆さんがインプラント治療に取りかかる前、治療費の高さは重要な問題ですね。

実は、かかる費用は歯科医院ごとに相当な開きがあります。

何しろ、ほとんどが自由診療なので、費用を自由に設定できるのです。

それでも、相場はあると言えます。

欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が一般的です。

1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、ケアはそこで終わりではありません。

治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、治療後のメインテナンス次第なのです。

歯磨きにも正しい仕方があります。

歯科で指導してもらえるはずですから、その通りのケアを心がけてください。

治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。

さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。

ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。

インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、費用を払いきれるかどうか心配になる方も多いのが当然です。

しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、いわゆるデンタルローンのような信販会社のローン商品を使える歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。

現金で費用を一括払いする必要なく、受けたい治療を受けることができるケースが増えました。

http://xn--pcmax-nl5ik6zpi2c0vd319ay07c.xyz/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です