自分の歯根を使える

人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。

外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材を使っているためです。

インプラント治療は基本的に保険外治療で全額自費と考えてください。

余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方がベストだと思います。

残念ながら、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。

全額自己負担が普通ですが、医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。

確定申告の一項目として、医療費控除は収入から医療費を控除されます。

確定申告で忘れてはならないのは医療機関で必ず発行している領収書が必ず要求されるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。

歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。

虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が残せれば上からすっぽりとクラウン治療が可能になります。

根元から歯を抜いたときの選択としては、もし、入れ歯を採用しない場合、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込む方法であるインプラントを用いた治療になります。

歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。

今では、どこで手術を受けても大して痛くないのが普通です。

局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから本格的に手術を始めるためです。

術後、腫れがでるのに伴ってだんだん痛くなってくることもありますが、痛みに備えて、頓服薬を処方されるので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。

検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。

保険がきかない理由ははっきりしています。

この人工歯治療はブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べてコストがかかり、設備や技術も要するからです。

あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。

それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。

一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、インプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。

地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに料金はずいぶん違ってきます。

事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。

歯科医院決定に大事なのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。

高い費用も、一括払いには限りません。

クレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。

技術の進歩した今では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。

人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、噛んでいるとグラグラしてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。

こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことに起因することが多いといえます。

インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科で治療を受けるようにしましょう。

義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならずその都度、費用がかかります。

標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診に通うことを指示されます。

定期検診にかかるお金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず三千円くらいかかります。

標準的には、一年に1万円から2万円程度のお金がかかると見積もっておきましょう。

http://xn--9ckxaq6c8bzfb3233gwo1aa1750awqrca.xyz/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です