ダイクマイとごうちゃん

探偵の尾行代がいくら位かと言うと、調査員の数によっても変わりますが、だいたい1時間あたり1万~3万円ほどです。

当然ですが、調査員が少数なら安く、多ければ多いほど高くなります。

そして、尾行時に車とかバイクで行う場合、別に交通費や車両費として請求される場合がありますので、確認が大切です。

 追跡グッズという探偵が使うものは 自分で購入できるのかといえば購入することが可能です。

追跡グッズは、一般にはGSP端末を用いるというケースがほとんどですが、これは誰でもインターネットなどで買うことができます。

車に載せてあるGPS端末は、車の盗難時に備えてつけておくものなので、いかなる人でも買えるのは当たり前です。

浮気である証拠をカーナビによりつかめます。

みつからないようにカーナビに残っている履歴を確認することで、浮気の相手とドライブデートした場所を見つけられることがあります。

履歴が見慣れない場所であった場合注意が必要です。

そして、よくもし給油していたら、デートを車でしている可能性はゼロではありません。

成功報酬で料金設定をしている探偵事務所は、最終的に成功した調査でないと料金が発生しないという懸念があるため、成功した場合はそれなりに高額の料金を請求されます。

そのようなこともありますので、成功報酬制を採用している方が、浮気調査にかかる費用が安く抑えられるとは限りません。

調査に対する実績なども確認して、はっきりとした料金システムの探偵事務所に依頼すれば心配ありません。

同一電話番号から電話を頻回に電話を受けていたりまた掛けていたりするとその電話の相手が浮気相手という確率は濃厚であると考えられます。

その後、その電話番号の持ち主を断定することができますね。

しかし、パートナーの警戒心が強いとなると、浮気相手との電話の後には通話の履歴を削除するということを抜かりなく行うといったような事もあります。

興信所と探偵事務所の違いとしては、これと言って無いと言っても良いでしょう。

興信所も探偵事務所も、浮気調査から身辺調査、他にもストーカー対策、行方不明者の捜索のような同じような仕事内容です。

ただ、違いがあるとしたら、企業や団体からの依頼の多くは興信所に、探偵は個人向けのようです。

調査機関に依頼したところ、自分の結婚相手の浮気が見つかったならば、結婚生活を維持するかどうか心が乱れますよね。

ひとまず冷静になって、浮気調査を依頼してしまうよりも先に、自分の気持ちを見つめてみたほうがいいです。

法律上、夫婦間に不貞があってはいけないわけですから、慰謝料を支払うよう配偶者とその不倫相手に求め、離婚してしまうのも一つの案です。

法律の中では、婚姻関係にある人が配偶者ではない人と性的に親密になることを不貞と定めています。

ということは、法に従えば、肉体関係を持っていない場合には、一緒に出かけたりしても、浮気とはいえないということになります。

自分で助けを借りずに肉体関係を証明することは難しいですが、探偵や興信所に内偵してもらうこともできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です