武(たけし)だけど大坂

一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。

使われるのは部分麻酔で、麻酔のために入院することはまずありません。

糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは安全を期すため、入院を求められることもあります。

そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。

腸骨など自家骨の移植手術であれば入院することや、複数の病院で手術することもあります。

もし、自分が該当すると思われるなら治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。

インプラントの技術が確立されてきた現在では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。

酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、歯がグラついて違和感を覚えるなどの事例もあります。

こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことに原因があると言ってよいでしょう。

なるべくなら、インプラントを専門としている歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。

インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、一種類だけではなく、部品の接続形態によって数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。

人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるのを1ピースタイプといいます。

それ以外に、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。

二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらに人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプに分かれます。

この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。

これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることはまずありません。

一見したところ、自分の歯と同じくらいとってつけた感じにならず、他の人に自分から言う必要もないのでいかにも義歯だと思われることはまずないと思って良いでしょう。

費用や期間より、見た目重視の方にとっておすすめしたい治療法です。

保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。

トータルで30万円から40万円と考えてください。

もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって治療費の総額を決めることになるので、費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。

できればいくつかの歯科医院を比べ、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。

歯科医院決定に大事なのはインプラント治療を受けた方からの評価です。

多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。

インプラント治療が適用されるケースとして、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという場合があります。

ブリッジ治療で考えると、ブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。

両隣の歯を削って支えにするのはもったいないと考えている患者さんには、インプラント治療を優先して良いでしょう。

虫歯がかなり悪化して、結局、歯を抜くことになってしまいました。

ブリッジという選択肢もありましたが、このような場合、インプラントにもできますと説明されインプラント治療に決めました。

費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。

手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく噛んだときの違和感がなくなってきたのでこれで良かったと実感しています。

どうにも入れ歯がしっくりこない、または単純に入れ歯は嫌という方にはインプラント治療がすすめられるでしょう。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に人工歯をつける治療で、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。

義歯でも、見た目や使用感を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です